初心者や不動産投資経験者の方にもおすすめのマンション経営投資!おすすめの不動産投資会社を紹介しています!

実際どうなの?マンション経営は節税効果があるってホント!?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/23

毎月安定した賃料収入が得られるとしてマンション経営が注目されています。定年前にローン返済が終われば、その後は年金代わりにもなります。しかし、マンション経営の良いところはそれだけではなく、実は税金を節約できる効果が期待できるのです。ここでは、その秘密について探っていきます。

マンション経営は安定した収益が期待できる

マンション経営の魅力といえば、何といっても毎月の賃料収入が得られることです。自分が経営するマンションに入居者を確保しさえすれば、毎月に安定した収入が期待できます。しかもそれは、中長期的に安定した収益となりえるのです。

株やFXでは短期間でハイリターンが狙えるものの、相場が大暴落したり乱高下がおきたりすると大きな損額を被る可能性があります。そんな状況に置かれても、マンションの経営であれば賃料は比較的安定していて、物件価格や賃料が半値以下になる可能性は低いです。もちろん安定した賃料収入を得るためには、立地の良い物件を選ぶ必要があります。

さらに銀行などの金融機関からお金を借りてレバレッジを利かした投資をおこなえるというメリットもあります。もともとレバレッジは「てこ」や「てこの原理」を意味する単語です。それが転じて、投資に自己資金を元手として資金調達をおこない、取引額を自己資金以上に引き上げる行為のことをレバレッジと呼ぶようになりました。

例えば、自己資金が500万円しか用意できていなくても、金融機関から融資を受けて2500万円の物件に手が届きます。サラリーマンの副業であっても融資さえ受けられれば、賃貸経営を始めることは十分可能です。融資を受けたお金はローンを組んで返済することになりますが、もし定年までにローンを完済すれば、その後の月々の家賃収入は年金代わりとなります。

長期にわたって安定した賃料を得ることができますが、そのためには建物や室内のメンテナンスを定期的におこなって、老朽化を防ぐことが肝心です。

相続税に対する節税効果も期待できる

マンション経営をすると節税効果があるという話を聞くことが多いです。しかし、何の税金に対する節税効果なのかが分からないという人も少なくありません。

実はマンション経営することで、相続税の節税効果が期待できるのです。現金や預金はそのままの額面、株は時価が相続財産として評価されますが、投資用マンションのような収益不動産は建物部分や敷地部分も時価より低く抑えられます。

評価額としては実勢価格の3分の1程度まで下がることがあるため、大きな節税効果があると期待できます。つまり、現金を収益不動産に換えてしまうことで、相続税評価額を下げることが可能となるのです。

また、国税庁の調査によれば、相続税の増税が始まった2017年から贈与税の申告件数が増加しているというデータがあります。そのため、収益不動産を生前贈与に活用することも選択肢の1つとして考えることができるのです。このようにマンション経営は、相続税に対する節税効果が高いと注目されています。

ただし、どんなマンションでも良いというわけではありません。何故なら、空室率が高くてローン返済が困難になるような赤字物件では元も子もないからです。そのため、まずは優良物件を手にすることがポイントです。

優良物件を見つけるポイントとは

マンション経営は、相続税に対する高い節税効果が期待できます。その恩恵を受けるためには、優良物件を見つけ出すことが大切です。優良物件を探す上で間違えてはいけないポイントとは、立地・物件の価格・物件の構造の3点です。

立地については、将来的に人口減が少ないエリアに絞って探してみると良いです。物件の価格に関しては、定年までにローン返済が十分可能な額にしておくと良いかもしれません。

例えば、ワンルームマンションであれば、手ごろな価格で購入できるメリットがあります。しかもある調査によれば、東京都では単身世帯が増加しているというデータがあります。その数は2035年頃まで続くとされ、ワンルームマンションの需要は続くと予想されています。

3つ目の物件構造については、老朽化が進むと莫大な修繕費が必要な木造ではなく、耐用年数が長く構造が堅牢で修繕費が低く抑えられるRC構造のマンションが良いといわれています。また区分マンションであれば、共有部分の修繕費は所有者全員が積み立てているので、突然に高額な負担が強いられる心配がないです。

これからの資産運用に関しては、株や投資信託などに加えて、相続税対策のためにマンション経営のような不動産投資を加えてみると良いかもしれません。

 

マンション経営には、安定した収益が期待できる・レバレッジをかけた投資が可能などの魅力がいくつかあります。さらにいえば、相続税に対する節税効果が期待できるという大きなメリットもあるのです。ただし、このような恩恵を受けるためには、しっかり情報収集をして優良物件を購入することが前提となります。

もし、これから不動産投資を始めるなら、セミナーや入門書で魅力やリスクをはじめとして、基本的な知識を身につける必要があります。そして、数多くの物件を見て、物件の良し悪しを見極める力や相場観を養うと良いかもしれません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧