初心者や不動産投資経験者の方にもおすすめのマンション経営投資!おすすめの不動産投資会社を紹介しています!

マンション経営の勧誘!悪徳業者を見極める方法

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/16


マンション経営をしたいと考えている、またはすでに経営をしている人は、悪徳業者の利用だけは避けたいはずです。ただ、悪徳業者も悪質だと判断されない方法で近寄ってくるので、見分けがつかないこともあります。そこで、ここでは悪徳業者を見極めるためのポイントを解説します。悪徳業者の見極め方を身につけて安定した経営をしましょう。

悪質業者は売れない物件を売る仮想物件を用意する

悪徳業者を見分けるのは難しいと感じる人もいると思いますが、そもそも頼んでもいないのに勧誘してくる時点で怪しいと疑いを持つ必要があります。悪質な業者は、経営が困難、もしくは儲からない物件を儲かる物件として売りつけてきます。その物件を儲かると思った経営者は借金返済や運営で苦労することになるでしょう。

ただ、冷静に考えれば、儲かるような物件を他人に売るということはまずないと考えることができます。確実に儲かるのなら、自分で運営をすればよいのです。営業しなければ売れないような物件は、まず儲からない物件と疑ってよいでしょう。

悪質な業者は、そのような物件に一度でも興味を持った人にはしつこく勧誘をしてくるのが特徴です。営業をして物件を売ろうとしている、しつこい勧誘は悪徳業者の可能性が高いと考えることができます。また、ネットなどで気に入った不動産を見つけて連絡すると、その物件はすでに売却済みなどといって別の不動産を紹介する業者も注意が必要です。

そのような業者は、客を引き込むための仮想の物件を公開している可能性が高いです。当然ですが、このような営業は違法行なので、業者についてよく調べてみると行政処分を受けていることもあります。また、悪徳業者は評判も悪く、口コミなどで悪い噂が広がっているケースも多いです。

地方では悪い噂はすぐに広まりますが、東京のような都市部では悪い噂を実際に耳にする機会が少ないかもしれません。しかし、近年では個人的なトラブルでもすぐにネット上で拡散するケースが多いため、少しでも不安を感じたらネットで検索するとよいでしょう。ネット検索をしただけで簡単に見極められることもあります。

悪質業者の近寄り方を知って見極める

悪質な業者がよく利用するのが電話での勧誘です。悪徳業者は、高学歴や年収が多い人の名簿を持っていて、その名簿を見て電話をかけてきます。

また、セミナー後を狙って勧誘することも多いです。東京や大阪などの都市部では、不動産投資などのセミナーが頻繁に行われていますが、そのようなセミナーに参加する人は、マンション経営にも興味がある人が大半です。そのような人たちを狙って勧誘するのです。

また、不動産関係のセミナーを悪質業者が開催することもあるようです。セミナーでアンケート調査を行い、勤務先や年収などを記入させることで、不動産に興味のある人の名簿ができます。そうして作った名簿を悪質業者に販売をする業者もあるので注意が必要です。

セミナーに参加する際には、ある程度信用がある人物や企業が開催しているかを確認しましょう。聞いたこともないような業者や人物であれば、どんなに魅力的なテーマであっても疑いを持つ必要があるでしょう。また、路上でアンケート調査をしているといって近づいてくることもあります。路上では不動産の勧誘をせず、調査をしながら連絡先を交換し、後日電話勧誘をするケースもあります。

悪徳業者の営業マンは魅力的な言葉を使って近づいてくるため、勧められた物件を購入すると儲かるのではないかと信じてしまうかもしれません。しかし、よく知らない人物に勧められて物件を購入するようでは、経営者としての知識が不足しているとも考えられます。悪徳業者を利用しないようにするためには、自分の知識を深める努力をすることも大切です。知識を深めることで悪質業者の矛盾点なども簡単に指摘でき、見極めることも容易になります。

よい業者の特徴を知れば見極めやすい

悪徳業者を見極めるには、ある程度知識を深めておく必要があります。ただ、どんなに知識を深めても、頻繁にいろいろな不動産会社から勧誘があれば、すべての業者が悪徳業者ではないかと疑ってしまう人もいるでしょう。

しかし、当然ですが優良業者も存在し、そのような業者と一緒に不動産経営ができれば成功する可能性はかなり高まります。優良業者を見つけることができれば一生のパートナーともなるでしょう。この優良業者は、悪質業者と比較して知識の量がまったく違います。

悪質業者はとにかく知識が浅く、シミュレーションなどをさせるととても甘いことがわかります。しかし、優良業者のシミュレーションを見れば、驚くほど精度が高いです。そして、何よりもその業者には実績があるのが大きな特徴です。この実績は実力があるからこそで、悪質な方法で物件を売っているような業者ではまず真似ができないところでもあります。

知識量だけでなく実績も豊富なので、安心感があるのが優良業者の大きな特徴ともいえるでしょう。また、優良業者は金融業者とも良好な関係を築いているのも特徴です。そのため、マンション経営に最適な物件を購入する際に金融業者を紹介してもらうことができ、融資も受けやすいでしょう。

優良業者を見つけることは、優良物件を見つけるよりも重要かもしれません。東京のような大都市では、人口が多いため収益につながりやすい物件も多いです。しかし、東京ほどの人口がないような地域では、マンション経営に最適な優良物件を見つけるのはとても困難でしょう。そのような場合でも、優良業者と仲よくなるだけで、収益につながりやすい物件を紹介してもらいやすくなります。

 

悪徳業者は、東京のような大都市だけでなく地方にも存在します。そのような業者に騙されないためには、まずは不動産に対する知識をしっかりと深めることが大切です。この努力をするだけでも、充分に悪質業者を見極めてマンション経営をすることが可能です。さらに、悪徳業者の手口を知り、優良業者との関係を深めることで、想定外の損失を受けるようなトラブルを避けられるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧