初心者や不動産投資経験者の方にもおすすめのマンション経営投資!おすすめの不動産投資会社を紹介しています!

老後が怖い・・・マンション経営が年金対策になる理由とは?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/26


日本人の平均寿命は80才を超えており長寿社会となっていますが、長生きができても若い時のように活躍できるとは限りません。また80代以上となると働き口を見つけることが困難ですし、見つけられたとしても収入は大幅に減ります。このため若いうちから老後の資金対策を行うべきで、そのひとつがマンション経営です。

年金だけでは足りない老後の資金

老後の資金といえば貯蓄のほか年金がありますが、現実的に見れば年金だけで収入のすべてを賄えるケースは極めて小さいく、またこの制度は国民年金にしても厚生年金にしても現役世代の納めるお金によって成り立っているのです。

公的なものはともかく民間のものでは、会社や保険会社の経営が悪化したり破綻すれば大幅に減額され、予定通りのお金を受け取れなくなります。 このため貯蓄と合わせて老後を考えなければなりませんが、貯蓄するだけではお金を増やすことはできませんから投資を検討する人も少なくありません。

2019年に話題になった金融庁の老後資金2,000万円不足のニュースでも、それまでの生活水準を維持する上では貯蓄を行わなければ難しいということが報告されています。 しかし、実際のところ投資というのは必ずしも成功するとは限らず、老後資金を溶かしてしまったという話もよく聞かれます。

経済が上り調子の時であれば、成功する可能性は高いものですが、世界経済が爆発的な成長を今後も続けると考えるのは難しいでしょう。 高齢になってから普通に働いて多くの収入を得ることは困難ですが、老後資金を確保するための投資としては不動産投資に強みがあります。不動産投資といってもいくつかの種類がありますが、その中でも東京でのマンション経営が将来性も期待できる有望なものです。

東京でのマンション経営の強みとは?

マンション経営は不動産投資でもスタンダードなものです。そもそも不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれるように投資した金額に対して、そこそこの収益を得ることができるものになります。

もっとも、投資にしても経営にしてもリスクはあるもので、可能な限りリスクを避ける努力は欠かせません。その点でリスクを避けて行えるマンション経営というのは日本では東京などの大都市に限られます。

日本に限らず世界的な流れとして都市部への人口の集中が進んでおり、地方の人口は減少傾向にあるものです。このため地方でも都市部での投資であれば、一定のリターンが期待できますが、それでも地方経済が悪化していくとリスクの方が高くなります。

この点で首都である東京であれば人口増加が続いており、住宅需要が旺盛です。しかし、すでに飽和状態の東京での住宅としてはマンションということになり、このためマンション経営の成功率が高い地域になります。

またマンション経営を行う時のポイントとしては、不動産会社の存在があります。投資用の不動産を扱っている不動産会社であれば、積極的に収益性のある物件を発掘し案内してくれるものです。このためマンション経営を一からはじめるにしても、中古マンションを購入するにしても、そのような事業が盛んな地域ほど有利な経営をすることが可能になりますし、情報も豊富に手に入ります。

老後対策にマンション経営が向いている理由

マンション経営が老後対策になる理由としては、インカムゲインとキャピタルゲインの両方で安定したものが期待できるという点です。インカムゲインは定期的な収入のことでマンション経営では家賃収入がそれにあたります。

キャピタルゲインは売却することで得られる利益のことですが、昨今の不動産事情によっては十分な差益を得られないケースもありますが、需要の高い地域であれば価値が下がることはありませんから、投資したぶんだけのお金は戻ってきます。

このようなことから現役世代からマンション経営を行って家賃収入と自身の収入でローンの支払いをしつつ、ローン支払い後または退職後には家賃収入を生活費に当てることで私的年金とすることができるものです。

一方で、不動産の価値は普遍的なものですから、大きなお金が必要となった場合には、それを担保にお金を借りることができるほか売却してお金を調達するといったこともできます。 それにマンションは利用者がいる限りは利益を生み続けるものですから、年金と異なり本人が死亡したあとも残された家族がお金に困るような状況を避けることもできるものです。

需要の高い地域では、老後対策のための投資用不動産の紹介も積極的に行っていますから、それらを利用して見るのも手段になります。特に不動産は投資であっても地域に密着した不動産会社の方がより良い物件を紹介してくれます。

 

老後資金は、現在の年金制度では十分に補うことができないものです。このため十分なお金を稼げる若いうちから考えておくことが大事で、その中でも東京でのマンション経営というのは強みのあるもので安定した老後対策ができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧